ホーム > スクラップ事業 > 取扱品目 非鉄・銅

非鉄スクラップ・銅スクラップ

非鉄スクラップ・銅スクラップ

非鉄金属とは、鉄以外の全ての金属であり、基本的に磁石にくっつかない金属です。
電子部品や機械部品、自動車部品や建築材料等々、あらゆる分野で幅広く利用され、現代社会を支えています。
非鉄金属の分類として、高い電気伝導性を持つ「銅」や錆びにくくするために開発された「ステンレス」・「アルミニウム」、その他に「真鍮」・「砲金」・「鉛」などが代表的ですが、他にも様々な性質を持つ金属が数多く存在します。

お持ち込みに関するお知らせ
2017年11月6日以降、泉大津ヤードへのお持ち込みは鉄のみとさせて頂きます。
非鉄金属・雑品につきましては和泉営業所にお持込頂きますようお願いいたします。
ご迷惑をお掛け致しますが何卒ご了解頂きますようお願い申し上げます。

非取扱品目 非鉄

以下の項目では、当社に於ける非鉄金属の自社検収の分類をご紹介しています。必要のなくなった非鉄金属を廃棄なさる場合は、錦麒産業にお任せください。以下でご紹介する以外の金属も数多くお取り扱いしておりますので、種類がわからない金属であっても、お気軽にご相談ください。

銅スクラップ

銅管・銅板・銅線等、電気や熱を伝える用途として利用され、鉄に次ぐ重要な金属です。銅の含有率(歩留まり)や形状、付着物の有無により、買取価格が異なります。買取価格はロンドン金属取引所(LME)を指標とした、国内電気銅建値にスライドして算出しています。
ピカ銅(特一号銅線・ピカ線)
電線から被覆材を取り除いた銅線で構成された導体です。
断面の直径が1.3mm以上を要し、表面の光沢の維持と圧着端子の除去が不可欠です。

雑線(被覆線・雑電線・銅線・廃電線)

工場やビル、家庭等、あらゆる場所で利用され、役目を終えた廃電線です。銅でできた導体を絶縁のためにビニールやゴム製の被服材で覆われています。銅部分と被服部分を分離し、そのほとんどがリサイクルされていて、銅相場と銅の含有率(歩留まり)の割合により、買取価格を算出しています。

ステンレス

Stain(錆び)Less(少ない)さびにくくするためにクロムやニッケルを含ませた合金鋼です。耐食性に優れ、強度が強いが鉄と比べて比重が重く、硬く靭性(ねばり)があるため、加工が難しいという特徴があります。買取価格はロンドン金属取引所(LME)のニッケル相場を指標として算出しています。

アルミ

アルミニウム鉱物のボーキサイトを原料として生産されるのが一般的です。耐食性に優れ、比重が軽く、軟らかいので加工しやすいが強度が低いのが特徴。
買取価格はロンドン金属取引所(LME)のアルミ相場を指標として算出しています。

その他

上記以外の鉛、真鍮、バッテリーなど、様々な非鉄金属スクラップも数多くお取り扱いしておりますので、種類がわからない金属であっても、お気軽にご相談ください。